ワークショップ1:腰椎と骨盤シリーズ 予約

Dr.ジョン・マーシャルのワークショップ1:腰椎と骨盤シリーズ

日程:2017年4月14日(金曜)から17日(月曜) 4日間

早割は終了致しました。

¥90,000 (税込)
数量
1

こちらの商品はBASEでの購入となります

この商品について問い合わせる


講師プロフィール / PROFILE


Dr ジョン・マーシャル / Dr Jon Marshall



アシスタント

萩原啓一 /  Keiichi Hagiwara 




ワークショップ1:腰椎と骨盤シリーズ予定表

日程:2017年4月14日(金曜)から17日(月曜) 4日間

場所:スペースコウヨウ/5階会議室・教室

〒1860004 東京都国立市中1-15-2 向陽ビル


第1日目

9:00am- 10:00am:1限目は萩原先生による腰椎解剖の講義より始めます。

筋肉

• 腰部脊柱起立筋

• 多裂筋

• 腰方形筋

• 広背筋

骨指標点

• 腰椎椎骨(腰椎椎骨の特徴)

• 横突起

• 棘突起


10am-11am:2限目は臨床でよく見られる腰痛をカバーします。

臨床でよく見られる腰痛

腰痛に対する問診と鑑別診断

腰椎に対する問診:SOCRATES

外傷がある場合の診断

捻挫

ストレイン

断裂/破裂

脱臼

骨折

痛みの特徴

体性疼痛

神経因性疼痛

内臓性疼痛

神経根痛 (radicular pain)

異常感覚性大腿痛

神経根障害 (radiculopathy)

関連痛

体性関連疼痛

内臓痛

レッドフラッグとイエローフラッグ


11:10-1:00pm:Drマーシャル先生による体表解剖を2時間行います。

触診練習

必要教材:脊柱、骨盤と胸郭の触診講義ノート

以下の骨指標点の触診

• 腸骨稜

• 腰椎椎体(棘突起、横突起)

• 肋骨


2:00-4:00pm:腰椎の評価

必要教材:講義1講義の紹介と腰椎の関節の動き

腰椎整形外科ノート

自動運動

• 視診(前方、後方、側方)

• 立位での可動域

受動評価

• 立位

• 仰臥位

• 側臥位

腰椎整形外科テストの導入(腰椎整形外科ノート参照)


4:20-6:30pm:腰椎のアーティキュレーション

• 座位(屈曲、伸展、側屈)

• 側臥位

• 腹臥位

• 仰臥位


第2日目

9:00-11:00am:萩原先生による腰椎解剖の復習

骨盤と仙骨の解剖導入

臨床でよく見られる腰椎と骨盤の障害

腰痛における痛みの原因

脂肪ヘルニア:

コンパートメント症候群

ストレイン

痙攣

アンバランス

トリガーポイント

横突間靭帯

黄色靭帯

棘上靭帯

後縦靭帯

棘間靭帯

横突間靭帯

腸腰靭帯

仙腸関節 (SIJ)

関節突起間関節/椎間関節

椎間関節 (椎間板)

変形性関節症(OA)

変性関節疾患 (DJD)

関節骨や関節突起の骨折

関節半月絞扼

椎間板由来の痛み

椎間板炎

ねじれによる傷害

椎間板内の破壊

椎間板炎

椎間板ヘルニア

棘突起接触症

椎弓板嵌入

脊椎分離症

脊椎すべり症

外傷

梨状筋症候群

椎間孔侵食

中心管狭窄症

馬尾症候群

蜂窩織炎

腫瘍/腫瘤

第5腰椎の仙椎化

第1仙骨の腰椎化

潜在性二分脊椎

第6腰椎

慢性痛症候群

体性機能障害


講義ノート 講義3:骨盤の関節の動き

11:10am-1:00pm:腰椎の体表解剖

腰椎の筋肉(必要教材:背部の筋肉と靭帯)


2:00pm-4:00 pm:骨盤と仙骨の評価と身体検査

必要教材P4-PelvisSIJ-13.pdf


4:15 pm-6:30pm:腰椎、骨盤と仙骨のアーティキュレーション

昨日の腰椎のアーティキュレーション復習

仙骨と骨盤の導入


第3日目

9:00am- 11:15 am:萩原先生の講義

骨盤と仙骨の解剖の復習

臨床でよく見られる骨盤と仙骨の障害の復習


11:10am-1:00pm:筋膜カッピング・テクニック(Dr マーシャル)


2:00-4:00pm:トッピク:身体検査:腹部の診察(Drマーシャル)


4:15pm-6:30:腰椎に対するMET実技(萩原先生)


第4日目

9:00- 11:00am:問診の取り方:Dr マーシャル


11:15-1:00pm:脊柱スパーリングストラテジーとPACEコンポーネント


2:00pm -4:00pm:PACE continued/PACEの続き

• 腹部の診察の続き


4:15-6:30pm:トピック:骨盤と仙骨のMET(萩原先生)

総復習

質疑応答

詳しくはこちらからどうぞ